大腸経

大腸経(手陽明大腸経)

【循行経路】

示指撓 側端(商陽穴)から起こり、示指撓側に沿って上行し、第1、第2中手骨の間を通過し、上肢の外側前縁に沿って上り、肩端に至り、さらに肩峰前縁に沿って後に向い頚椎の手足三陽経の集合するところ(大椎穴)に至り、再び前に向かって下行し鎖骨上窯(欠盆)に入り、胸腔に入って肺に絡し、横隔膜を通過して大腸に属す。

 

【支脈】

鎖骨上窩から上行し、頚部を経て顔面頬部に至り、それから下歯齦に入り、返り出て口の両側を挟み、左右が人中で交叉する。左脈は右に向い、右脈は左に向い、鼻孔の両側(迎香)に分布して足陽明胃経と連接する。

 

〔主な症候〕

下歯痛、咽喉部疼痛、鼻出血、口乾、頬部の熱感と腫脹、上肢伸側前縁、肩部の疼痛、運動障害

 

大腸経の部位を表した図 大腸経の部位を表した図