中医学の「大腸」

大腸

大腸は上口は小腸に接続し、その下端は肛門に連結している。「伝導の官」といわれ ている。大腸の経脈は、肺につながり相互絡属しているので、肺と表裏関係をなしている。

 

 

位置と形態:

腹中にある。長管状の器官であり、小腸に比べて太い。

 

 

主な生理機能:

糟粕の伝化を主る。

 

 

糟粕の伝化を主る

伝化は、伝導変化作用のことである。伝導とは、上に接して下に伝える意味である。 変化とは、糟粕を糞便に変える働きを指す。大腸は小腸より糟粕を受け入れ、その中の水分をさらに吸収し、その残りを糞便として肛門より体外に排泄する。大腸の伝導変化作用は、胃の降濁作用の影響を受けており、胃の降濁作用の延長ではあるが、肺の粛降作用とも関係し、肺と大腸は表裏の関係にあり、肺気の働きが加わることによ って、大腸の伝導も円滑になる。

肺気がうまくいかないときは便秘症となる。この他、腎の気化作用も大腸の伝導に関与しており「腎は二便を主る」とされている。大腸の伝導作用に異常が起きると宿便、細菌性下痢、下痢、或いは熱邪が津液を焼灼したり、津液自体の不足によって起こる便秘などの症状が現れる。

 

未病治診断士 養成講座

気功師 養成講座