中医内科学

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

臓腑病機・病証の基本概念

胃の病機・病証の概要

(1)胃寒

病機概要:

素体胃陽不足のうえ、飲食不節、あるいは腹部が冷えたりすることによって胃が寒凝されて生じる証候である。

 

主要症状:

胃脘持続冷痛、喜温 、稀薄な酸っぱい液を嘔吐し、またシャックリを生じる。舌質は淡、舌苔は白滑、脈は遅である。

 

治療法則:温胃散寒。

 

(2)胃熱

病機概要:

胃熱偏盛と情緒不安定による鬱火が相い合わさるか、邪熱が胃を犯すか、辛い物を取り過ぎることによって生じる証候である。

 

主要症状:

胃脘に灼熱感と疼痛、口渇、喜冷飲、消穀善飢、嘔吐または食後嘔吐、口 臭、歯肉腫痛・出血。舌質は紅、舌苔は黄色、少津、脈は滑数である。

 

治療法則:清胃泄火。

 

(3)胃陰虚

病機概要:

胃陰が火熱によって消耗し、胃失濡養を起こして生じる証候である。

 

主要症状:

口乾唇燥、少食、乾嘔、便秘。舌質は紅、少苔、脈は細数である。

 

治療法則:養胃生津。

 

方剤挙例:益胃湯など。

 

(4)胃実

病機概要:

飲食不節、暴飲暴食のため、食積不化となり生じる証候である。

 

主要症状:

脘腹脹満、厭食、口臭、腐敗臭げっぷ、嘔吐、排便不暢。舌苔は厚膩、脈は滑である。

 

治療法則:消導化滞。

次へ >

9