中医内科学

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

臓腑病機・病証の基本概念

脾胃系の病機・病証の概要

1.脾系の生理

脾は運化水穀を司り、統血する。

 

2.脾系の病理

脾系の病理​を表した図

 

3.証治分類
(1)実証

寒湿困脾

病機概要:

水雨に濡れる、湿気環境での生活、生・冷たい物の過食、あるいは素体内湿のため、中陽が阻害されて生じる運化失調の証候である。

主要症状:

食欲低下、脘悶、口内が粘り、頭身体が重い、軟便、泄瀉。舌苔は白膩、脈は濡細である。

治療法則:運脾化湿。

 

湿熱内蘊

病機概要:

外邪に犯される、あるいは酒や甘い物・脂っこい物を嗜好するため、脾胃損傷、健運失司、湿熱交阻、肝胆不和、胆汁外溢となり生じる証候である。

主要症状:

脘脇悶脹、食欲不振、体が困重、身目黄色、皮膚掻痒、小便短赤。舌苔は黄膩、脈は濡数である。

治療法則:清熱利湿。

 

(2)虚証

脾陽虚衰

病機概要:

生・冷い・脂っこい・甘い物の過食、寒涼薬物の過剰投与、慢性疾患による脾陽不振、運化失調から生じる証候である。

主要症状:

顔色黄色、無華、脘部の冷感、清水を吐く、食欲不振、食後の腹脹増悪、熱い飲料を欲しがる。軟便、肢冷。舌質は淡、舌苔は白、脈は濡弱である。

治療法則:温運中陽。

 

中気不足

病機概要:

平素気虚、過度労倦、慢性疾患による脾気消耗、昇清降濁機能の失調から生じる証候である。

主要症状:

食欲低下、言語低微、四肢無力、腸鳴、腹脹、軟便、便意頻繁。舌質は淡で、舌苔は薄白、脈は緩または濡細である。甚だしい者では、内臓下垂、脱肛、消痩をみる。

治療法則:補中益気。

次へ >

8