中医内科学

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

臓腑病機・病証の基本概念

大腸の病機・病証概要

(1)大腸実熱証

病機概要:

実熱の邪が陽明に結滞することから生じる閉塞不通の証候である。

 

主要症状:

便秘不通、腹痛拒按、心下部の膨満感、発熱、げっぷ、排便後もすっき り しない、発熱あるいは譫語。舌苔は黄燥または焦黄で苦刺、脈は沈実である。

 

治療法則:清熱導滞。

 

(2)大腸湿熱証

病機概要:

外感暑湿の邪、飲食の不節、不潔から大腸に湿熱が蘊結して生じる証候である。

 

主要症状:

腹瀉、赤白下痢、裏急後重、肛門灼熱感、腹痛、食欲不振、発熱、体が重だるい。舌苔は黄膩、脈は滑数である。

 

治療法則:清化湿熱。

 

(3)大腸虚寒証

病機概要:

脾腎陽虚、苦寒薬の過剰投与、あるいは寒邪が腸を直中することから生じる証候である。

 

主要症状:

軟便、慢性下痢、清冷泄瀉、腹満腹痛、喜暖、喜按、脱肛、肢冷。脈は細弱、舌質は淡で、舌苔は薄白である。

 

治療法則:温陽散寒。

 

(4)大腸津虚証

病機概要:

燥熱で大腸津液の損傷、脾陰不足で生じる大腸失潤による証候である。

 

主要症状:

便秘、便乾、排便困難、口臭、喉乾、眩暈、腹部膨満感。舌質は紅で少津、舌苔は黄燥、脈は細である。

 

治療法則:潤腸通便。

次へ >

5