中医内科学

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

風火湿痰の病機・病証の基本概念

風・火・湿(痰)は六淫(外)の内容であると同時に臓腑病理産物(内)でもあり、臓腑疾患の臨床表現でもある。即ち、風・火・湿(痰)には内と外の区別がある。

 

1.外風
(1)外風の定義

六淫病邪の一種である。

 

(2)外風の特徴

急速発病、発熱悪風あるいは咳を伴う。

肢体酸痛、関節赤腫、部位遊走、蕁麻疹、皮膚掻痒、口目歪斜、舌強などである。

 

(3)外風の病機

風邪はまず肺系を犯し易く、表証を引起す。正虚邪盛の場合は、他の臓腑まで影響を与える。風邪は他の邪と重なって体を犯すことが多い。

風邪は善行速変の特徴をもつため、遊走性の症状をみる。また、風邪が経脈に留まると口眼歪斜、舌強が現れる。

 

(4)外風の弁証論治

風寒:風寒表証には、疏風散寒の治療原則に基づく。

風熱:風熱表証には、疏風清熱の治療原則に基づく。

風湿:表証兼湿には、除風化湿の治療原則に基づく。

 

2.内風
(1)内風の定義

体内陽気から化生され、主に火熱旺盛あるいは肝陽偏亢あるいは肝火による気血逆乱の証候をみる。

 

(2)内風の特徴

内風は主に肝陽・肝火より化生され、あるいは情志、起居、飲食不当などで誘発される。

程度によっては頭暈目眩、四肢痙攣、四肢痺れ、振顫、強直及び卒倒、人事不省、口眼歪斜、半身不随などの症状をみる。

 

(3)内風の病機

熱極生風

熱極の証は必ず津液を灼傷し、栄血を損消する。心肝が犯されて、心肝から上炎した熱邪により驚厥神昏の証候をみる。

肝風内動

肝腎陰虧が水不涵木、陰不潜陽、肝陽上亢、血随陽昇、直犯神明のため、眩暈、痙攣、卒中あるいは意識不明などの証候をみる。

血虚生風

肝は剛臓で血による濡養が欠かせない。肝血不足、肝失所養、内風自生のため、眩暈、痙攣、驚厥などの証候をみる。

 

(4)内風の弁証論治

熱極生風:平肝熄風の治療原則に基づく。

肝風内動:育陰潜陽の治療原則に基づく。

血虚生風:養血想風の治療原則に基づく。

 

 

火は熱の極まったものである。六淫の一つであると同時に、疾患過程中にも化生される。火は主に実火と虚火に分類される。

実火の定義:多く直接受けた火熱や他の邪から化生されるものである。

虚火の定義:臓腑病理変化によるもので、主に気血失調、精気不足により生じるもの である。

 

火証の特徴:

火証の特徴を表した図

 

1.火証の病機
(1)実火

直接受けた火熱や、あるいは他の邪から化生される実火が津液栄血を灼傷し、臓腑を損傷するため、火熱の証候をみる。

(2)虚火

過労、情志鬱結などの原因で臓腑正常機能に影響を与え、気血失調、久病失養、精気不足のため、内火の証候をみる。

 

2.火証の弁証論治
(1)実火

心火熾盛:清心瀉火の治療原則に基づく。

肝火亢盛:清肝瀉火の治療原則に基づく。

肺火壅盛:清熱瀉肺の治療原則に基づく。

胃火壅盛:清瀉胃熱の治療原則に基づく。

 

(2)虚火

腎虚火動:滋陰降火の治療原則に基づく。

肺虚火壅:潤肺滋陰清火の治療原則に基づく。

 

 

湿

湿には、六淫による外湿と臓腑の機能失調による内湿がある。

 

1.外湿
(1)外湿の定義

六淫の一つで、主に気候環境によるもので、脾胃虚弱の者は特に影響を受けやすい。

 

(2)外湿の特徴

趨下、重濁、粘滞。

 

(3)外湿の病機

外湿が体に侵入し、侵入部位が浅い場合は、皮肉筋脈あるいは関節にとどまり、深い場合は、臓腑まで犯す。外湿は寒、熱、風の邪と重なって体に侵入することが多い。

また、外湿が体に侵入してから、体質、治療などによって化寒か、あるいは化熱かの異なった化生をみる。

 

(4)外湿の弁証論治

寒湿:寒湿邪が主に関節を犯した場合は、蠲痺通絡の治療原則に基づく。

湿熱:湿熱の邪が主に関節を犯した場合は、清化湿熱の治療原則に基づく。黄疸を主とする場合は、清利湿熱退黄の治療原則に基づく。

風湿:外風の弁証論治を参照。

 

2.内湿
(1)内湿の定義

主に飲食不当で、脾胃損傷、津液代謝異常による病理的な産物である。

 

(2)内湿の特徴

内湿による病理変化は多様である。主に下痢、浮腫、飲邪をみる。

 

(3)内湿の病機

脾胃は津液代謝における中枢的な役割を果たすため、内湿の生成は脾胃機能と密接な関係をもち、脾胃の分清別濁機能が異常を起こす場合に、内湿が生じる。

 

(4)内湿の弁証論治

脾虚湿阻:健脾化湿の治療原則に基づく。

寒湿困脾:温中化湿の治療原則に基づく。

湿熱中阻:清熱化湿の治療原則に基づく。

 

 

痰(飲)

1.痰(飲)の定義

痰と飲は臓腑の病理的産物である。

 

2.痰(飲)の特徴

痰(飲)の特徴​を表した図

 

3.痰(飲)の病因病機

「痰証」 、「飲証」を参照。

 

4.痰(飲)の弁証論治

痰阻子肺:宣肺化痰の治療原則に基づく。

痰蒙心霰:化痰開竅の治療原則に基づく。

痰蘊脾胃:健脾化痰の治療原則に基づく。

痰鬱於肝:解鬱化痰の治療原則に基づく。

痰(飲)流注四肢:化痰行気の治療原則に基づく。

痰飲:温陽化飲の治療原則に基づく。

懸飲:攻逐水飲の 治療原則に基づく。

溢飲:温散化飲の治療原則に基づく。

支飲:喘咳多痰、胸中窒悶の者。

次へ >

2