中医内科学

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

臓腑病機・病証の基本概念

腎系の病機・病証の概要

1.腎系の生理

腎は精を蔵する。成長発育生殖の源である。

腎は水を司る。体内水液の代謝平衡を維持する。

 

2.腎系の病理

腎系の病理を表した図

 

3.証治分類
(1)陽虚

腎気不固

病機概要:

労損過度、慢性疾患、腎気虧耗、固摂作用の低下による証候である。

主要症状:

顔色淡白、腰脊酸軟、聴力低下、頻尿、尿色が淡い。甚だしければ尿失禁、滑精、早漏、排尿後の余痙。舌質は淡、舌苔は薄白、脈は細弱である。

治療法則:固摂腎気。

 

腎不納気

病機概要:

腎気労傷、慢性病による気虚、気不帰元、腎失摂納で生じる証候である。

主要症状:

呼吸困難、動くと増悪する。咳に伴う発汗、咳時尿失禁、顔色が白い。舌質は淡、舌苔は薄、脈は虚弱である。

治療法則:納気帰腎。

 

腎陽不振

病機概要:

先天不足、慢性疾患、性的過労によ る下元虧損、命門火衰の証候である。

主要症状:

顔色淡白、腰酸足軟、インポテンツ、眩暈、耳鳴、頻尿。舌質は淡白、脈は沈弱である。

治療法則:温補腎陽。

 

腎虚水泛

病機概要:

先天不足、慢性疾患、腎陽消耗のため、水液温化機能減退して起きる水邪犯濫の証候である。

主要症状:

全身浮腫、特に下肢が顕著で、下肢水腫部位を押すと泥を押す様である。 腰腹脹満、尿量減少、咳痰気逆、多痰、動くと呼吸困難。舌苔は淡白、脈は沈滑である。

治療法則:温陽化水。

 

(2)陰虚

腎陰虧虚

病機概要:

性的過労、過度労倦、慢性疾患による真陰耗傷の証候である。

主要症状:

形体虚弱、眩暈耳鳴、不眠健忘、腰足無力、遺精、口乾。舌質は紅く、少苔、脈は細である。

治療法則:滋養腎陰。

 

陰虚火旺

病機概要:

欲念妄動、熱性病後の腎陰耗傷、水不済火や陰虚火浮による証候である。

主要症状:

頬紅唇赤、潮熱、寝汗、腰脊酸痛、虚煩不眠、過剰勃起、夢、精口喉乾痛またはむせて咳込む、小便短濃、大便秘結。舌質は紅く、少苔、脈は細数である。

治療法則:滋陰降火。

次へ >

12