中医内科学

中医内科学

中医内科学とは、中医理論に基づき内科に含まれる病証の病因病機とその証に対する治療原則からなる臨床学である。内科の範囲は非常に広く、一般的に外感病と内傷雑病の二つに大別される。

傷寒と温病からなる外感病は、六経・衛気営血・三焦の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、また内傷雑病は、臓腑・気血・津液・経絡の病理変化として現れる証候を分析分類することによって、弁証論治される。

臓腑病機・病証の基本概念

胆の病機・病証概要

(1)胆虚証

病機概要:

陽気不足、胆経温煦失司、胆気虚寒、決断失司による証候である。

 

主要症状:

虚煩不眠、悪夢驚恐、驚かされやすい、短気無力、視力低下、口苦。 舌苔は薄白、脈は弦細である。

 

治療法則:益気温胆。

 

(2)胆実証

病機概要:

情志鬱結、気鬱痰生、痰熱内擾、胆失疏泄、胃失調和よにる証候である。

 

主要症状:

眩暈、耳鳴、胸脇脹痛、口苦、嘔吐黄水、怒りやすい、少眠多夢、恐怖不安。舌苔は黄膩、脈は弦滑である。

 

治療法則:清化痰熱、和胃降逆。

次へ >

11