中医学の予防原則

中医学の予防原則

「予防」とは、疾病の発生や進行を防止することである。

予防は人々の健康を守る上で大きな意味を持つものである。中医学は長期の発展過程の中で比較的整った予防と治療の理論が形成されている。それは、今に至っても中医学の予防と治療の実践を有効に指導している。このため、予防と治療の原則は中医学基礎理論の1つの内容となっており、予防と治療に関する理論の研究は中医学の発展に重要な意義をもっている。疾病の予防と治療は人々の疾病と戦う2つの異なった理論と方法であるが、その目的は疾病の撲滅と健康維持である。

 

「予防医学」とは、病害の予防と撲滅を研究し、衛生を重視し、体質を増強し、健康に有利な環境を作る医学である。中医学では古くから予防を重視してきた。

 

『黄帝内経』にはすでに「治未病」という言葉があり、これは発病していないときに予防する意味と、発病したものが進行しないようにするという2つの意味が込められ、これは疾病の発生及び疾病の進行を防止する積極的な意義を有している。

 

未病を先に防ぐ(未病先防)

未病を先に防ぐとは、疾病が発生する前に各種の予防措置を講じて疾病の発生をくい止めることである。未病を先に防ぐことを、古くは「養生」「摂生」「道生」と称されていた。 それは疾病の発生を防止するという重要な意義を具えていることのほか、より積極的に身体の健康を保ち、寿命を延ばそうとするものである。

 

疾病の発生は「邪気」と「正気」と言う2つの素因に関係する。邪気は病が発生する要因であり、正気不足は病を招く内在原因と条件である。そのため、未病を先に防ぐ原則には次の2つのものがある。

 

① 正気を養い、体質を強めることにより疾病に対する抵抗力を高める。

② 病邪の撲滅と 邪気の侵入を防止する。

したがって未病を先に防ぐことは、この2つから取り掛かる必要がある。

正気を養い、体質を強め 、疾病に対する抵抗力を高める

人体の正気の強弱は疾病の抵抗力に直接関係している。

『黄帝内経』にはすでに「正気存内 、邪不可干」(正気が体内に強く存在すれば、邪気はどうすることもできなく侵入できない)という記載がある。正気の強さは体質によって決まる。体質が強いと 正気も充実しており、体質が弱いと正気も不足している。 したがって、強い体質は、正気の病邪に対する抵抗力の要である。

 

体質を増強するには、精神的養生に心がけ、食生活の改善に気を配り、適当な運動を習慣とし、過労や安逸をできるだけ避け、必要な場合薬食物を使って予防する。

このように各種の方法を以って体質を増強することに努め、正気を養い、抵抗力を高める。この目的に達成するために次のことに気をつける必要がある。

精神的養生:

中医学では、精神状態は人体の生理や病理変化に密接な関係があると認識している。 急に強い精神的刺激を受けたり、或いは長い間精神的ストレスが持続していたりすると、体内の気機(気の流れ)が逆乱になり、気血、陰陽が失調して発病することになる。

 

精神的刺激、或いはストレスは、体内の正気を弱め、正気が弱くなったため、邪気に侵入されて発病することになる。また、疾病を患っている間に、精神情緒の変動があると、病状を悪化させることもある。

 

逆に楽しい気分、精神が安定していると、気機も正常に働き、気血もスムーズに流れ、病の発生を予防することができ、病があっても、健康の回復も速くなる。したがって、普段より精神的養生を重要視すべきであり、いつも平常心を持ち 、楽しい気分で毎日を過ごし、寛容の心、精神上の安定と清浄を保つように心がけ、貪欲をなくすように努める必要がある。このようにすると、気機は穏やかになり、気血、陰陽も調和され、正気が充実し、病邪に抵抗する力も高まって疾病の発生を予防することができる。

適当な運動、身体の鍛錬に努める:

生命は運動にあり、スポーツ、運動など、常に身体を鍛錬することにより体質を増強し、疾病に抵抗する力を高め、健康を促進し、疾病を予防し、寿命を延長することを可能にする。中国の後漢時代の名医、華陀は「流水は腐らず」という考えにしたがって[五禽戯]という気功法を編み出した。これは虎、鹿、熊、猿、鳥など五種類の動物の動きをまねて作ったものである。

 

「五禽戯」という気功運動法は、体の動きと呼吸法により身体を鍛錬し、血脈の循環をよくさせ、関節の動きを柔軟させ、気機と気血の流通をスムーズにし、これをもって体質を強め 、病を予防する手段とするものである。

 

このほかにも、「太極拳」「八段錦」「易筋経」など数多くの健身術が伝えられてきている。これらは体質の増強や健康水準を高め、疾病を予防することができるということのほかに、さらに各種の慢性病の治療にも一定の効果を持っている。

 

生活習慣への注意:

健康を保って長生きをするには、自然変化の規則性を知り、自然環境の変化に適応し、生活習慣の規則性を守る必要がある。つまり、節度ある食生活、規則的な睡眠時間、労働と休養の調和がとれた生活などの内容が含まれている。とりわけ食生活においては質と量に注意しなければならない。

 

食生活は脾胃を損傷し気血生化の不足をもたらし、病に抵抗する力が低下し、疾病が発生する。食事は一定の時間に適当な量を摂り、決して偏食したり食べ過ぎたり小食し過ぎたりはしないように、しっかりと睡眠の時間を取り、規則正しい生活をし、四季の季候の変化に応じて仕事と休息の時間を調整し、働き過ぎも怠け過ぎもよくない。

このようにして精力の充実、身体の健康が保持され、疾病の予防と健康維持及び長生きが可能となる。

未病治アドバイザーのバナー画像

次へ >

1