中医学の身体観

中医学の身体観

中医学は“独自”の生理観や病理観を持ち、“独自”の診断や利用方法を持つ、体系化された伝統医学である。

病になる前の状態をいち早く察知することを最も優れた医療技術と考え、病にならせてしまう、病の初期、中期の状態になって発見・治療は中・下のレベルの医療と考えられている。

なぜなら、病は、病になってしまうとその回復には多大な時間と労力を要し、回復しないこともあると考えられ、病になることを察知できなかったことを最も問題視している。

現代医学は近年、特にめざましい進歩を遂げ、様々な治療法が増え、より詳細な検査法が日々発展し、科学的、物質的な研究によるもの、多くの臨床、多くのデータをもとにその病の原因を追求している。

中医学の“独自の観点”とは、現代医学の観点と異なったもの、即ち、国、文化、風土が異なる地域によって発展した伝統的な観点を知ることによって別の角度から推察するところにある。

加えて、季節の中での季候の変化、仕事や生活習慣、感情や疲労、ストレスなどから心身に及ぼす影響を中心に病因を考える。

 

中医学と現代医学は同じ、「人体」を中心にしたものである限り、関連性はあるが、その観点は全く異なった所から開始される。人それぞれに個人差があるように、結果は同じでも原因は異なることもあり、原因は同じでも結果は異なることもある。

 

これを中医学での病と治療に対する表現は『同病異治』『異病同治』といい、個々それぞれに異なった病因があり、それらへの対処は全て異なったものとなるという考えを持つ。

自然の写真が4つ並んだ図

現代医学と中医学の異なる点は臨床、研究によって原因を絞り込み過ぎず、体質、習慣、性格、食、地域、文化、風土、環境、仕事、ストレスは異なる。現代医学という高い水準まで引き上げてきたものをより活かすには、物質的ではない非科学的なものを融合することによってより強化されると考える。

 

中医学では目に見える物資を<陰>、目に見えない非物質を<陽>と捉え、全ての事物はこの陰陽がともなることによって一つのものとなると考えられている。現代の医療では『統合医療』と言われているものもあるが、それは物質と物質の統合であり、陰陽の原則とは異なる。

 

注意しなければならないのが、中医学や漢方医学でも即座に投薬や施術に入るものが中医、漢方ではなく、先に述べたように、「病になる前に察知する」ことを最上位と考えることが真の中医学である。

中医学には物質的な知識に加え、感覚、感性、生命力、エネルギーが求められ、天変地異を事前に察知し、生命の危険を管理し、病から命を守る。これらの法則を知り、実践することが中医学では必要とされる。

陰陽マーク

次へ >

1