病の原因

病の原因

病因

病因とは、すなわち疾病発生の原因である。

中医学では、臓腑や組織間及び人体と外界環境は、互いに対立しながら、同時に統一 されていると考えている。それらの間には絶えず対立を作り出し、その対立を解決し続けることによって相対的な動態バランスが維持され、生理機能が正常に保たれている。

 

こうした動態バランスが何らかの原因によって失調され、すぐに自己調節より回復することができないと疾病が発生する。身体のバランスが崩れると、様々な疾病が発生するが、その原因となるものを病因と呼ぶ。

中医学でいう病因の範囲はとても広く、内容も豊富である。それには気候の異常、疫病の伝染、精神的な刺激、飲食や過労、筋違い、打撲や切り傷、虫や動物に咬まれる傷害などがある。

 

また、臓腑気血の機能失調によって生じた病理産物、例えば、痰飲、気滞、瘀血なども発病因子となる。

また、発病中でも原因と結果が互いに影響し、病によって発生した物質や状態が、その後に違う病を引きおこす原因となったりする。例えば、痰飲や瘀血は、臓腑の気血機能が失調してできた病理的な代謝物であるが、そうした代謝物が逆に病を引きおこす原因にもなる。これらの発病因子の特質や特徴を知っていると、疾病の発生のメカニズムを解明することができる。中医学の病因認識の特徴は、症状を主な手がかりとして病因を解明することにある。

 

中医学の病因学説は、長期にわたる実際の観察と臨床を基礎にし、「弁証求因」(証を立てることによって病因を求めること)という方法を用いてこれを総括しながら形成されてきた。

 

古代の医家は発病因子を外因、内因、不内外因の3つに大きく分類している。

すなわち六淫の邪気が侵入したものは外因、精神的に傷ついたものは内因、そして飲食や過労、打ち身や切り傷、虫や動物に襲われて発病したものを不内外因と考えた。 発病要素 を発病する過程と関連つけた古人の分類法は、病を弁別する上で一定の意義がある。中医学では病因があるから発病すると考える。いかなる疾病でも、何らかの原因が影響して、身体に一種の病態反応が発生したものと考える。中医学の病因認識の特徴は、発病させたと考えられる客観的な条件だけではなく、病の症状を分析したり、兆候に基づいて推測したりし、症状を主な手がかりとして病因を解明することにある。

 

例)遊走性の全身の痛みや痒みという症状:

自然界の風邪が変動して一定のところに停まらないという特徴に似ているため「散風去邪」(風を散らし邪気を取り除く)という方法で治療すると症状は軽減、或いは消失する。このことから遊走性の痛み、重くなったり軽くなったりするという特徴をもつ疾病の原因は、風邪と関係が深いと推測することができる。

これがすなわち「弁証求因」の方法である。したがって中医学の病因学は、病因の性質と発病の特徴を研究するだけでなく、様々な発病要素によって現れた症状を検討し、診断と治療に役立てようとするもので ある。

 

春夏秋冬別の森の写真を並べたイメージ

 

六淫七情

六淫七情を表した表

次へ >

1