聞診

聞診

聞診には、音声を聞くことと、臭いを嗅ぐことの二つの内容がある。

音声を聞くことは「聴音声」といい、患者の発音・言語・呼吸・咳・嘔吐・呃逆・噯気・太息・噴嚔・腸鳴などの音を聴くことである。臭いを嗅ぐこ とは「嗅気味」といい、患者の体や排泄物な どの臭いを嗅ぐことである。

 

『黄帝内経』では、音声・言語・呼吸などによって正邪の盛衰を判断することが記載される。

 

『傷寒論』と「金匱要略」でも患者の言語・呼吸・喘息・咳・嘔吐などが聞診項目として書かれている。
その後さらに後世の医者により、口と鼻の臭い、および各種の分泌物と排泄物などの異常な臭いも聞診の範囲に加えられた。
各種の音声と臭いは、全て臓腑の生理機能と病理反応が反映されたものであり、それらによって臓腑の状態を知ることができる。

次へ >

1