望神

望診

望神(精神をみる)

神は、広義の神と狭義の神に分けられる。広義の神とは、人体の生命活動の総称であ り、人体生命活動の現れであり、すなわち生命である。
狭義の神とは、人体の精神活動であり、精神・思惟・意識・記憶・睡眠などが含まれる。望神はこの二つの神を含む。

 

望神の原理と意義

神は、人体生命活動の具体的な表現であり、形体を離れ独立しては存在しえず、形があってこそ神がある。
形が健全ならば、神も旺盛であるし、形が衰えれば、神も困憊する。「素問」の「形神合ー」と「形与神倶」という理論は、形と神の関係を示している。神の盛衰は、人体が健康か否かの重要な指標の一つである。
神は先天の精より始まり、その後、後天の精の滋養に頼る。
「霊枢」は、「生之来謂之精 、両精相摶謂之神」といい、また「神とは水穀の精気である」という。つまり、神は、先天の精と後天の気血精微を物質基礎とし、臓腑組織の働きとして現れる。
精・気・神は、体の三宝と言われ、共存共栄と共亡同衰のように密接に関係する。精気が充足すれば、体が健やかで神が 旺盛であり、すなわち健康の保証となる。反対に、精気が不足すれば、体が弱まって神が衰え、不健康のもととなる。
要するに、神は体の生命活動を現すものであり、したがって「霊枢」は「失神者死、得神者生」と述べている。

 

望神の主要内容

神は、体の主宰なので、いろいろな生命活動に現れるが、外見では目、表情、顔色、動作などに見られる。
特に目は心の窓とも言われ、人の精神活動は往々にしてに無意識に目に現れるので、目は神を伝えることができると言われる。
したがって、望神をする時、先ず目を見るべきである。
神は、言語、呼吸、食欲、脈象など各方面にも示されるので、神を知るには、望神のみに頼らず、聞診・問診・切診を合わせて総合的に見なければならない。いわゆる「言之有神」、「声之有神」、「脈之有神」などと言われる。
得神、少神、失神、仮神を表した図

次へ >

1