望頭頸

望診

望頭頸(頭部をみる)

頭は精明の府であり、元神の居場所である。脳は、髄の海であり、腎が主る。髪は、血の余りであり、腎の華である。顔は心の華である。
顔面五官の疾患は数多く幅広いので、ここでは一般的な診法を紹介する。

 

望頭

1.頭形

頭の形態と大きさは、個人差があるが、大きすぎたり、小さすぎたりするのは、みな異常である。
その多くは、乳幼児期ごろ、先天不足と後天不足、またはある疾病(例えは、水頭症ー先天性大脳蓄水症など)に続発して起きることが考えられる。同時に、知能不全を伴う。

 

2.顖門(しんもん)(泉門)

新生児の頭蓋骨の境目で、骨化がまだ進んでいない結合組織膜の部分であり、大顖門と小顖門に分ける。
左右の前頭骨と左右の頭頂骨とに挟まれた菱形のものを大顖門と いい、生まれてから12-18ヶ月後に閉鎖する。左右の頭頂骨と後頭骨との間の三角形のものを小顖門といい、生まれてから2-4ヶ月後に閉鎖する。
顖門がくほんでいるものは、「顖陥」という。これは、先天腎精虧虚、後天脾虚気血不足、吐瀉による津液損傷などが原因で脳髄が充実しないために起こる。多くは虚証に属する。ただし六カ月以内の新生児の顖門がややくぼむことは正常である。
顖門が隆起しているのは、「顖填」という。
これは熱邪上攻、脳内水液停滞、脳病などの原因によるものである。乳幼児が泣いたり暴れたりするとき、顖門がやや隆起することがあるが、正常である。
顖門の閉鎖の遅れや頭蓋骨縫合の不全などは、古代では「解顱」と称し、先天不足と後天失養が考えられる。

 

3.動態

頭部が無意識に揺れるのは、肝風内動(肝は風木の臓で、陽熱亢盛あるいは陰虚・血虚で化燥すると、眩暈、痙攣、振顫などの内風の症状が現れる。)の前触れである。

 

4.頭髪

黒く濃密で潤沢な頭髪は腎気旺盛と精血充足の現れである。
頭髪が黄色くて抜けやすい、まばらで質感が乏しいものは精血不足によるものであり、甚だしければ 頭髪が全部抜けることもある。
ある日突然、頭に硬貨大の脱毛が見られるものを「斑禿」という。 脱毛部位が円形であり、有毛部との境界が明瞭で、炎症や発疹がみられない、ひどい場合は全頭が脱毛する、これは血熱あるいは血虚受風が考えられる。
頭皮が痒くて脂性であり、いつもベタベタしている場合は、湿熱による脱毛である。
青少年の白髪は、腎虧、血虚、先天稟賦などの原因が考えられる。

次へ >

1