望色

望診

望色(色をみる)

望色は「色診」ともいい、すなわち病人の皮膚の色と光沢を観察することである。色は色調のことであり、光沢は明度のことである。古人は色を青・赤・黄・白・黒の五色に分けた。
いわゆる五色診である。面(顔)色の変化は、最も著しく、見やすいの で、中医学においては、面部の色診を望色としている。

 

面部色診の原理およびその臨床意義

「素問」では「五色は、気の華(精華)である」といい、
「四診抉微」は「気は臓か ら起こり、色は気に随って華になる」といい、
「霊枢」では「十二経脈、三百六十五絡脈、その気血はすべて面部に上り、空竅に注ぐ」と述べている。

要するに、面部の色沢は、臓腑経絡の気血精微によって栄えられ顔色と内臓は、相互につながっている。中医学の五行学説と蔵象学説によって、五臓に対応する五色は、
肝一青、心一赤、脾―黄、肺ー白、腎ー黒である。

望面色とは、顔色を診ることであり、顔の色と顔の光沢の二つを含む。
「望診遵経」では、「光明潤沢は気であり、青赤黄白黒は色である」と述べている。

 

光沢は、気に属し、陽に属し、臓腑精気の現れである。
光沢によって、臓腑機能の盛衰、疾病の軽重・予後の善し悪しを知ることができる。栄潤光沢なら、臓腑精気がまだ衰えておらず、予後がよい。晦暗(暗くてくすむ)枯稿(枯れる)なら、病が重く、予後不良である。

 

色は血に属し、陰に属し、血液の盛衰と運行・疾病の種類と性質を知ることができる。
「霊枢」では、「青黒は痛、黄赤は熱、白は寒」といわれる。

臨床では、面部の色沢を観察することで、臓腑気血の盛衰や邪気の種類が知られ、更に疾病の軽重順逆と予後を判断することができる。

次へ >

1