弁証論治(べんしょうろんち)

弁証論治

中医で身体の状態を診断することを「証を立てる」と言う。

中医学は、望診、聞診、問診、切診を総合して病を捉えていくことが特徴であり、姿(姿勢や顔色、舌診等)〔望診〕、病独特の声調やにおいや音〔聞診〕、症状と原因や体質に関与する事項を〔問診〕すること、身体に触れたり、脈診〔切診〕を指す。

現代医学では、こうした所見を捉えて診断をしていくことが軽視されがちであり、また日本の鍼灸分野においても、これまで切診への比重が大きく、他は軽視される傾向があった。
病は発症から治癒までに様々な過程があり、非常に多くの要因が関与する。

中医学の四診を総合して病を捉える〔四診合算〕能力があれば、
臨床の実際において診断や治療に柔軟さを発揮することにつながる。

実際の臨床では同じ傾向はあっても、全く同じ症例は無く、画一的な治療では通用しない。
様々な情報を収集するため、五感を駆使して診察をすることをいう。

 

弁証

」は中医学特有の概念である。
疾病の過程には、それぞれ様々な段階があるが「証」とは、その段階ごとの病理的にまとめられたものである。
証は病変の部位、病因、性質、邪気と正気との力関係を包括しており、疾病のときの病理変化の本質を反映している。
したがって「」と「」とは概念が異なる。

「症」とは、頭痛や咳嗽、嘔吐のように疾病に現れる具体的な症状や徴候のことである。
「証」とは疾病のある段階ごとの病理的概括であるから「症」よりもさらに疾病の本質を全面的に深く正確に示している。

中医学では、基本的には疾病を証候としてとらえ、治療を行うが、弁証にあたっては、病と証の関係を理解する必要がある。
病を見分けるだけではなく、証をよく見分けることが大切である。証を識別することによって正確な治療ができる。

例)
感冒:発熱、悪寒、頭痛、関節の痛みなどの症状がある。いずれも表証であるが、発病原因と身体の反応が違うため
「風寒感冒」と「風熱感冒」の異なった証が現れる。
感冒は表証であるが、風寒か、それとも風熱に属するかを識別する必要がある。

また、1つの病に何種類かの異なる証が含まれることもあれば、
異なる病の進行段階で同じ証が現れることもある。

例)
黄疸病:あるものは湿熱証をあらわし、あるものは寒湿証をあらわす。
また、下痢と黄疸は違った疾病にかかわらず、ともに湿熱証、或いは寒湿証として現れることがある。

次へ >

1