弁証論治(べんしょうろんち)

中医で身体の状態を診断することを「証を立てる」と言う。

中医学は、
望診、聞診、問診、切診を総合して
病を捉えていくことが特徴であり、

姿(姿勢や顔色、舌診等)〔望診〕、
病独特の声調やにおいや音〔聞診〕、
症状と原因や体質に関与する事項を〔問診〕すること、
身体に触れたり、脈診〔切診〕を指す。

現代医学では、
こうした所見を捉えて診断をしていくことが軽視されがちであり、
また日本の鍼灸分野においても、
これまで切診への比重が大きく、他は軽視される傾向があった。

病は発症から治癒までに様々な過程があり、
非常に多くの要因が関与する。

中医学の四診を総合して病を捉える〔四診合算〕能力があれば、
臨床の実際において診断や治療に柔軟さを発揮することにつながる。

実際の臨床では同じ傾向はあっても、
全く同じ症例は無く、
画一的な治療では通用しない。

様々な情報を収集するため、
五感を駆使して診察をすることをいう。

 

弁証

」は中医学特有の概念である。

疾病の過程には、それぞれ様々な段階があるが
「証」とは、その段階ごとの病理的にまとめられたものである。

証は病変の部位、病因、性質、邪気と正気との力関係を包括しており、
疾病のときの病理変化の本質を反映している。

したがって「」と「」とは概念が異なる。

「症」とは、頭痛や咳嗽、嘔吐のように
疾病に現れる具体的な症状や徴候のことである。

「証」とは疾病のある段階ごとの病理的概括であるから
「症」よりもさらに疾病の本質を全面的に深く正確に示している。

中医学では、基本的には疾病を証候としてとらえ、
治療を行うが、弁証にあたっては、病と証の関係を理解する必要がある。

病を見分けるだけではなく、
証をよく見分けることが大切である。

証を識別することによって正確な治療ができる。

例)
感冒:発熱、悪寒、頭痛、関節の痛みなどの症状がある。
いずれも表証であるが、発病原因と身体の反応が違うため
「風寒感冒」と「風熱感冒」の異なった証が現れる。
感冒は表証であるが、風寒か、
それとも風熱に属するかを識別する必要がある。

また、1つの病に何種類かの異なる証が含まれることもあれば、
異なる病の進行段階で同じ証が現れることもある。

例)
黄疸病:あるものは湿熱証をあらわし、
あるものは寒湿証をあらわす。
また、下痢と黄疸は違った疾病にかかわらず、
ともに湿熱証、或いは寒湿証として現れることがある。

 

中医弁証のステップ

病人の識別

  • 患者の状況を知る。性別、年齢、体の格好、眼光、性格、生活、仕事及び現病歴、既往歴、家族歴の状況など。
  • 中医学の独特な舌診などを行なう。

これらのデータは、弁証を行う時に参考になる。

例)

  • 肥満している人は陽虚湿盛であることが多い。
  • 痩せている人は陰虚火旺であることが多い。
  • よく思い悩む人は脾を損傷しやすい。
  • よく怒る人は肝を損傷しやすい。

糖尿病、高血圧などの家系、舌象(状態)などがある。

病位の識別

患者が最も強く訴える症状をもとに、必要な検査を行う。
病位の判断を行う時には、患者の自覚症状を重要なよりどころとする。

病因の識別

疾病の現れ方により、その原因を推測することができる。
しかし、さらに重要な方法としては、
患者の既往歴、家族歴、治療歴などを確認し、
それを総合的に分析することによって確実な結論を出す。

病態の識別

上述した内容をまとめ、疾病の分類について大まかな識別を行う。
八綱弁証は病態識別の総綱とされている。

病機の識別

病の本質を把握することにより、そのときの邪正闘争、
臓腑経絡の陰陽気血失調の状況をしっかり知ることができ、
それにより証を決め、さらに疾病のこれからの進行傾向を予測することができる。

論治

「論治」とは、
弁証により得られた結果にも基づき、
それに相応する治療法を論じ、施行することである。
したがって、これは「施治」とも言われている。

弁証と論治は、
診療過程で相互に密接な関係を持つ2つの内容である。
即ち、弁証は治療決定の前提であり、そのよりどころとなる。

一方、論治は治療の手段であり、方法である。
論治による効果を通じ、さらに弁証の結果が正確であったかどうかが検証される。

弁証論治では患者の個人差を非常に強調しており、
具体的な個々の症状に対し、具体的に分析するという方法を行う。

つまり、「証」に基づき、具体的な治法を決定し、
適切な食、生活習慣指導、精神指導、方薬、治療穴を選択している。

現代医学では、同じ疾病には同じ治療が行われており、
異なる疾病には異なる治療が行われている。
これは「同病同治」「異病異治」といわれている。

一方、中医学では弁病によるだけではなく、
さらに「証」の識別が一層重要とされている。

すなわち、1つの病にはいくつかの異なる証が含まれ、
また異なる病であってもその進行過程にあっては同じ証として現れることもある。

したがって、
中医学では「同病異治」「異病同治」という方法が治療の中ではよく用いられている。

発病季節、発病地区及び身体反応性の違いにより、
或いは疾病の異なる進行段階であるということから、
同一の疾病あっても異なる証として現れる。

したがって、治法も同一というわけにはいかない。
これが「同病異治」といわれるものである。

例)
夏季に起こる感冒は暑邪や湿邪が関係しやすく、
治療を行う時には芳香化濁で対処する。
他の季節の感冒はこれと異なる治療法を用いる。
また麻疹の場合、初期でまだ発疹がでていないときには、
発表透疹という治法が用いられるが、
中期になって肺熱がはっきり出ているものには、
清熱利肺という治法が用いられる。
後期になり、
余熱がまだ残っていて肺胃の陰分を損傷しているものには、
養陰清熱という治法が用いられる。

異なる疾病であっても、
それぞれの進行過程で同一の病機が現れることがあるが、
この場合には同じ治法を用いる。
これが「異病同治」といわれているものである。

例)
子宮脱や胃、腎などの内臓下垂、
脱肛は病名は異なるが、
中医学では、これが中気下陥証の現れである場合には、すべて昇提中気法を用いて治療することができる。

証の決定は中医学による治療のキーポイントであり、
四診は弁証にその根拠を提供する手段である。

そして、治法の決定、処方薬食物、治療穴の選択は、
すべて弁証をベースにして行なわれるものである。

このことから「証」は弁証論治の中で決定的地位にあることがわかる。

「証が同じであれば治もまた同じであり、証が異なれば治もまた異なる」
というのが、弁証論治の精神の本質である。

 

八綱弁証

八綱は、陰・陽・表・裏·  寒・熱・虚・実という八つの綱領である。

その中の陰陽二網は、
他の六綱を概括し、八綱中の根本である。

すなわち、表・熱・実は陽に属し、裏・寒・虚は陰に属する。

四診により収集した情報を分析し、
病位の深浅、病邪の寒熱性質、
邪正盛衰などに帰納(法則によって導き出す)することを八綱弁証という。

『黄帝内経』には
「八綱」という言葉は記載されていないが、その内容は書中に広く記されていた。

張仲景は「八綱」を傷寒と雑病の診療に具体的に活用した。
『景岳全書』の<陰陽篇>と<六変篇>などの章節では、
病を二綱六変に分けて論じた。

近代の祝味菊は『傷寒質難』に「八綱」を明記した。

疾病の症状は複雑であっても、それらはすべて八綱を用いて帰納できる。

疾病の類別では陰証と陽証、
病位の深浅では表証と裏証、
疾病の性質では寒証と熱証、
邪正の盛衰では実証と虚証などと分類する。

八綱弁証を用いることにより、
どんな複雑な病症でも、
表裏・寒熱・虚実・陰陽という八綱に帰納させることができ、
それにより疾病の証型を決定し、治療方針を打ち出すことができる。

八綱弁証は、疾病の基本特性を見分ける方法であり、弁証の根本である。

臨床各科の弁証は八綱弁証を基礎とし、
深化させたものといえる。

表裏・寒熱・虚実・陰陽という八綱は、相互に関係する。

表裏二綱は寒熱虚実と関係し、
寒熱二綱は虚実表裏と関係し、
虚実二綱は寒熱表裏と関係する。

例)
表実寒証、裏虚熱証などの証型は、他の綱を兼ねて現れた証型である。
疾病の変化は極めて複雑なので、
表と裏、寒と熱、虚と実などの相反する綱がともに現れることもある。
例えば、表裏同病、虚実挟雑、寒熱錯雑である。

一定の条件の下で、疾病は相反する根本へ転化する。

例)
表邪が裏に入る、
裏邪が表に出る、
寒証が化熱する、
熱証が寒証に転じる、
実証が虚証に転じる、
正虚で実証を生じるなどである。

疾病が一定の段階に進行すると、疾病の本質に反する仮象が現れることがある。

例)
真寒仮熱、真熱仮寒、真虚仮実、真実仮虚などである。
そのため、八綱弁証をする際には、
表・裏・寒・熱・虚・実など綱の基本的な証型の特徴をつかんだ上で、
八綱の相兼、転化、挟雑、真仮などにも注意して弁別すべきであり、
そうすることによって、正しく全面的に疾病を診断することができる。


病因弁証

病因弁証とは、症状と徴候の分析を通じて、
病症をもたらす原因を弁明することである。

この際の「病因」は弁証学の範疇に属するが、
病症を引き起こす原因、
いわゆる六淫(風、寒、暑、燥、湿、熱)
七情(情志内傷)、飲食(食積)、
労逸、外傷などの原発素因としての「病因」は、
発病の必要条件のことであり、
これは病因学説の範疇に属し、言葉は同じであるが、考える角度が異なるので注意が必要である。

気血水(津液)弁証

気血水(津液)弁証とは、
気血水(津液)の運行(流れ)と盈ち虧け(みちかけ)を見分けることである。

気血水(津液)は臓腑に密接に関係する。

気血水(津液)は、
臓腑の働きを維持する上で不可欠な基礎物質であり、
それらの生成と運行は、また臓腑の働きに頼っている。

両者は、病理にも相互に影響する。
したがって、気血水(津液)弁証と臓腑弁証は相互に参照するべきである。

臓腑弁証

臓腑弁証とは、臓腑の生理機能と病理変化を根拠に、
病変部位・性質・病因などを弁える方法であり、
弁証体系の重要な一環である。

臓腑弁証は、病の所在する臓腑を弁明するだけではなく、
その病因や性質も突き止めなければならない。

例)
臓腑の実証には、寒、熱、痰湿、瘀血など
虚証には、陰、陽、気、血などの区別がある。

経絡弁証

経絡弁証とは、経絡学説に基づき、
臨床上現れた症状と徴候を分析しながら
病の所在する経絡と臓腑を弁明し、
さらに発病の原因・性質・病機を判断する弁証方法である。

経絡は、全身の気血が運行する、
臓腑と四肢を連結する、表裏、上下、内外を疎通する通路である。

病になった時、経絡は病邪の通り道でもある。
外邪が人体に侵入すると、
経絡の気が失調し、病邪が経絡を経て臓腑に入る。

もし臓腑に病変が発生すれば、
経絡が循行するところ、
特に経気が集まった経穴には痺れや痛みなどの感覚や色の異変が現れる。

したがって、経絡により臓腑の病変を明確に弁別できる。

経絡弁証は、臓腑弁証の補充、
補助として、特に針灸、推拿などの治療に常用される。
その中は、十二経脈病証 と奇経八脈病証に分けられる。

 

>中医学専門用語一覧