気とは

中医学的気の理論

七情傷気

喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七情とは、人体が外の環境に反応した精神活動である。もしも感情がはげしく波立ち、長いこと持続したり、刺激がくりかえされるなら、生体の生理機能に影響して発病しやすくなる。このことを「七情が気をそこなう」という。

異なった感情の変化は、内臓に対してさまざまな影響を与える。怒れば肝を損ない、過度な喜びは心を損ない、恐れは腎を損なう。感情の変化は内臓にまで損害を与えるが、まず最初に、気のメカニズムとしての昇降を狂わせるのである。

怒れば気は上昇し、喜べば気は緩む。悲しめば気は消耗し、恐れれば気は下降する。驚けば気は乱れ、思考すれば気は結ばれて、これが続けば血気が調和しなくなり、陰陽は調和を失い、臓腑の機能は乱れて、様々な異なった病変を引き起こすのである。反対に臓腑の病変は、各種感情の異変として現れる。

例えば、肝の陽気が盛んであると、イライラと怒りやすくなる。血気が不足すれば常にビクついて臆病となる。痰火〔痰と火邪とが合わさったもの〕が心を乱せば、喜びで笑が止まらなくなり、心気が衰えれば情緒不安定となる。そのため『霊枢』「本神」においては「肝気が虚になれば恐れ、実すれば怒る」「心気が虚になれば悲しみ、実すれば笑いが止まらなくなる」と述べている。五臓の安定を得て感情ははじめて正常さを取り戻すのである。

 

【原文】

百病生於気也。怒則気上、喜則気緩。悲則気消、恐則気下。寒則気収、炅則気泄。驚則気乱、労則気耗、思則気結。九気不同、何病之生。岐伯曰、怒則気逆、甚則嘔血及飧泄、故気上矣。喜則気和志達、栄衛通利、故気緩矣。悲則心系急、肺布葉拳。而上焦不通、栄衛不散。熱気在中、故気消矣。恐則精却、却則上焦閉。閉則気還。還則下焦腸、故気不行矣。寒則腠理閉、気不行、故気収矣。炅則腠理開、栄衛通。汗大泄。驚則心無所倚、神無所帰。慮無所定。故気乱矣。労則喘息汗出。外内皆越、故気耗矣。思則心有所存、神有所帰。正気留而不行、故気結矣。(『素問』「拳痛論」)

​【訳文】

「百病は気から生じる、怒れば気は上昇し、喜べば気は弛緩する。悲しめば気は消失し、恐れれば気は下降する。寒くなれば気は収斂し、熱くなれば気は漏れる。驚けば気は乱れ、疲労すれば気は消耗し、思考すると気は凝り固まる。九つの気は異なっているが、どのような病が生じるのか」。岐伯が答えた「怒れば気は逆上し、ひどい場合には血を吐き、下痢をするので、気が上昇してしまう。喜べば気は調和し、意志も伸びやかとなって、営衛の気が通じるため、気が緩むのである。悲しめば心臓の大血管が引きつり、肺は押し広げられて肺葉が上がる。すると上焦の気は通じなくなり、営衛の気は分散しなくなる。熱気が内に留まるために気は消失する。恐れれば精気は衰退し、衰退すれば上焦は閉じる。閉じれば気が下へと帰る。下に帰れば、下焦が腫れしまうので、気が巡らなくなる。

寒くなれば毛穴が閉じ、気が巡らなくなるので収斂する。熱くなれば毛穴が開き、営衛の気は通じる。たくさん汗が出るため、気が漏れ出るのである。驚けば心はよるべくなく、精神も帰るところを失ってしまう。思慮も落ち着きを失う。そこで気は乱れるのである。疲労すれば喘息がおこり、汗が出てゆく。内からは〔喘息が〕、外へは〔汗が〕通常以上に抜け出るために、気が消散することになるのである。思考すれば心を安定し、精神は帰るところができる。正気は留まって移動しなくなるので気が結ばれるのである。

 

中医学をイメージする5つの写真

 

気の働き

気とは、血と水を合成し、生命活動を維持するもの。代表的には5つの作用があると言われる。

推動作用:血や水を巡らせ、臓器を働かせる。

温喣作用:体温を一定にする。

防御作用:外から邪気が入ることを防ぐ。

固摂作用:汗や尿などの排出の調整も行う。

気化作用:気・血・水・精それぞれの要素を変化させる

 

気の種類

人の体内の気は1種類ではなく主に4つの種類があります。

宗気(そうき)…推動作用

営気(えいき)…栄養作用

衛気(えき)…防御作用

元気…成長促進、活力を旺盛にする作用

 

気の種類とその作用を表した図

次へ >

3