気とは

『気』の陰と陽

中国思想では大宇宙を「太極」といい、太極には気が満ちている。 大宇宙の気は「陰」と「陽」に二分し変化を繰り返している。小宇宙である人の気も陰陽に二分される。 中医学では人体を形成している気・血・水の関係は密接に関係し合い、影響し合っていると考えられています。

 

【陽】…物質性が低く、運動性が高いもの→『気』

【陰】…物質性が高く、運動性が低いもの→「血」・「水」

 

長期間にわたり自然現象を観察して、この世の中に存在するすべてのものは「陰」と「陽」が対立しながらも、お互いに影響しあうふたつの陰陽の要素から成り立っているとの考えられています。 

陰陽の関係は、対立する一対の組み合わせで起こるものであり、男性は「陽」 女性は「陰」、太陽は「陽」月は「陰」、昼は「陽」夜は「陰」というように無限に組み合わされていきます。気の理論もまた同様にこれを基礎としており、呼吸については、吐くは陽、吸うは陰、吐くは排出、吸うは補充。“吐きながら気を出し陽は始まる。吸いながら気を入れ陰は閉じる也。”これらの理論は生命活動において重要な意義を持っている。

 

一年には四季があり、春は暖かく、夏は暑く、秋は涼しく、冬は寒く、これは不動の季候変化である。“春夏は陽を養い、秋冬は陰を養う。”これは日常生活において応じて従う原則となる。気には個人が持っている本質というものがあります。その本質と異なる活動は気の消耗へとつながり、合致してれば気は補充されていきます。

 

陰陽マークと気血水のイラスト

次へ >

2