気とは

気とは

気とは世界を構成する最も基本的な物質であり、宇宙における全ての事物は気の運動と変化によって生産されると考えられています。

『気』は生命の根源であり『気』が常に巡ることによって、身体の機能が正常に活動します。逆に『気』が滞れば病になり、離散すれば死を迎える。 『気』は生命エネルギーであり、生命を維持するための動力である。

中医学では『気』が人体を構成する基本物質であると考えられ、『気』の運動と変化によって生命活動を行うと解釈する。『気』は生命そのものであり、日々消耗していきます。

心身の疲労やストレスはその消耗を早め、寿命と同じく『気』がなくなれば死を迎えます。老化を遅らせ、延命するには消耗をなるべく抑えることが重要となります。

 

女性のシルエットと夕焼けの写真

 

『気』とは存在であり「存続しようとするエネルギー」「消滅しないようにしているエネルギー」 です。存在あれば消滅あり、生が始まれば死があり、形あるものは崩壊します。常に物質は形を無くし、生命は必ず死を迎えます。山はいつかは崩れ、水は蒸発し、人は土に帰ります。それらは崩壊し、散らばるという法則があります。その細かな物質を集め、物質として存在たらしめているもの..人が人であり続け、水が水であり続け、物質が物質であり続けるように消滅を引き止め、存続させるエネルギーが『気』です。

 

『気』とは心の状態を表すもの

心の状態は、ストレスが加われば、それを思考、活動、言動、休息、食どで調整します。最も理想的な『気』の状態とは、心が穏やかであること。心が穏やかであれば気は充満してよく流れます。

気は足りなく(不足)ても、足り過ぎ(旺盛)ても、問題が起きやすく、さらに気は能動的で絶えず動き続けることが必要なので、滞ることもよくありません。それらを解消するには〝穏やか〟であること。

全ての活動や思考は心のバランス、即ち『気』のバランスを保っていること言えます。

 

『気』は環境を決める

気は活動する場所、住居を始め、場所や環境に関連します。気には陰陽があり、常にバランスとっており、陽の気は暖かく、おおらかで、リラックスができ、ポジティブ。陰の気は冷やかで、凝縮し、緊張があり、ネガティブです。物事を進めるには良い結果を求めて挑み、楽観的になるためには陽の気、綿密な計画と様々な対応、冷静な判断には陰の気が必要となります。

陽の気が良いわけではなく、陰の気が悪いわけでもない。全てはバランス。そのバランスを保つ、調整するには、環境・時間帯・明暗・湿乾・静騒・季候・人・自身の状態を知らなければなりません。

 

​『気』の能力

人が生きていくために必要な活動を支えるエネルギーのことです。人がもつ根本的なエネルギーである『気』は、絶えず体を一定のペースで巡り、体を温めて血液、津液をスムーズに流し、内臓の正常な活動を維持させています。

『気』が持っている能力の初歩段階は自己治癒力にあります。その自己治癒力 によって健康な心と身体になることにより、周囲の環境が整い、経済や運の流れが良くなります。気功は自己治癒力が高まり、気の流れを整えることができ、悩みを解決し、人生の幸福と成功、そして、人々を幸福や成功へと導くことができることでしょう。

 

「気」の隷書体のイラスト

次へ >

1