2025年問題

2025年問題

後期高齢者(75歳)人口が
日本国民の1/4にの時代がやってくる

団塊世代(1947-49年生)が前期高齢者(65-74 歳)→2015年に到達

              後期高齢者(75歳)→→→2025年

現在1,500万人程度の後期高齢者人口 → 約2,200万人まで膨れ上がる。

日本国全人口の4人に1人は後期高齢者という超高齢化社会となる。

日本は2005年を折り返し地点として人口減少社会

65歳以上の高齢者数については2040年ごろまで増え続ける。後期高齢者については2050年ごろまで増加傾向が続く。

 

社会保障費用の負担が1:2

高齢者(65歳以上)1人に対して生産年齢人口(15~64歳)が何人で負担するか?

 

  • 「胴上げ型/1965年」高齢者1人に対し生産年齢人口9.1人。

  • 「騎馬戦型/2012年」高齢者1人に対し生産年齢人口2.4人。

  • 「肩車型/2050年」高齢者1人に対し生産年齢人口1.0人。

 

低い出生率と諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行して年金等厳しい

社会保障費負担の社会到来が予想される。

 

高齢者1人に対する生産年齢人口の割合と傾向を表した図

 

日本は諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行している

高齢化進行を国別で表した図

 

平均寿命と健康寿命

医学の発展によって平均寿命は上がったが、健康寿命は上がっていない。

平均寿命と健康寿命の差は介護が必要となる。

 

男性と女性の平均寿命と健康寿命の比較図

 

 

社会保障財政バランスの崩壊

<これまで国を支えてきた団塊の世代が給付を受ける側に回る>

  • 医療、介護、福祉サービスへの需要が高る

  • 高齢患者が病院に殺到

  • 医師不足

  • 必要な医療を提供できない

  • 病院のベッドの取り合いが始まる

 

自宅に代わる新たな介護の住まい

(サービス付き高齢者向け住宅)

⬇︎

賃料が高くゆとりのない高齢者は入居しづらい

⬇︎

格差社会

 

高齢者と生産年齢者が手を繋いでいる写真

 

未病治アドバイザーのバナー画像